不同沈下

工事実績&お客様の声

不同沈下嵩上げ、基礎解体・復旧工事
原因調査と工事の概要

県外の工事が終わりました。
1.5m嵩上げして、鋼管杭を圧入し基礎を解体・復旧していきました。
お客様は住みながら工事したいとの事だったので嵩上げ中も普段の生活していました。
ご迷惑をおかけしてしまう点もあったかと思いますが、無事終わってよかったです。

嵩上げ、基礎解体・復旧工事
施工前
嵩上げ、基礎解体・復旧工事
施工中

鋼管杭圧入

嵩上げ、基礎解体・復旧工事
施工中

1.5m嵩上げ

嵩上げ、基礎解体・復旧工事
施工中

下げて、これからレールを抜いていきます。

嵩上げ、基礎解体・復旧工事
施工後

完成!!

不同沈下土台切離し沈下修正工事
お客様のご要望

震災により建物が沈下してしまったのですが、費用はあまりかけられないので、基礎上からの工事でお願いします。

原因調査と工事の概要

震災により建物の一部が沈下しています。それほど悪い地盤ではないようでしたので、費用も抑えたいというお客様のご要望もあり、土台切離し工法で施工することになりました。

土台切離し沈下修正工事

土台切離し沈下修正工事
施工中

ジャッキを設置してジャッキアップします。

土台切離し沈下修正工事
施工中

ジャッキで持上げた後の状態です。

土台切離し沈下修正工事
施工中

床下は鋼製束で固定します。

土台切離し沈下修正工事
施工中

型枠をしてモルタルを注入します。

土台切離し沈下修正工事
施工後

完成です。

不同沈下店舗沈下修正(福島県県南地方)
お客様のご要望

お客様と従業員の為にも、早く営業したい。

原因調査と工事の概要

震災で地盤がさがってしまい、基礎下に空洞ができています。
建物が大きいので荷受には特注品で対応しました。
設備工事で配管してもらい、工事しながら営業を再開することができました。

店舗沈下修正(福島県県南地方)
施工中

周りを掘削し、沈下修正しています。

店舗沈下修正(福島県県南地方)
施工中
店舗沈下修正(福島県県南地方)
施工中

モルタル注入後埋め戻ししていきます。

店舗沈下修正(福島県県南地方)
施工後
  • 工事と会社について
  • 無料Web見積もり

 まずはお気軽にご相談ください

不同沈下について

家が傾いた原因は?
沈下修正

・住宅基礎に亀裂が入った
・地盤が割れている
・建て付けが悪くなった

こんなときは・・・
沈下が原因か、沈下していないか調べることが大切です。
床・壁など表面的な改修は、手戻り工事にならないよう、ベースを改修してから行いましょう。

地震で家が傾いてしまったら・・・
・地震 → 住宅の傾きのみ → 「家直し工事」
・地震 → 地盤沈下 → 「沈下修正工事」

改修工事もセットで行った方が効率的です。
省エネ改修、耐震補強など、住環境改善・安全安心な家づくりでグレードアップします。

沈下修正って?

沈下修正とは、地盤沈下により不具合が生じた建物を改修する工事です。
地盤沈下の原因は土質や地下水、埋設物などが考えられます。
沈下は築後5年くらいで気づき、10年位で沈下量が減少することが多いようです。

こうやって直します

地盤沈下した土地は改良が必要になります。
地盤改良の種類は大きく分けて、改良する深さ(表層2m位まで、中層8m位まで、深層)と、何で支持力を上げるか(杭・セメント・石灰・砂)で工法や呼び名が変わってきます。

そして状況にあわせた工法(ジャッキで上げる、樹脂を注入、モルタルを注入等)で沈下した分を修正します。

安藤工業では沈下が進行中か否かをまず調査判断し工法選定に入ります。
沈下が修正している場合はジャッキアップが基本です。

基礎共移動工法

基礎共移動工法

沈下修正

沈下修正

モルタル注入

モルタル注入

コラム

コラム詳しくは知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

不同沈下沈下修正とは

沈下修正とは地盤沈下により不具合が生じた建物を改修する工事です。
住宅基礎に亀裂が入った
地盤が割れている
建て付けが悪くなった   ときは・・・

沈下が原因だとは言えませんし、直ぐ建物が壊れるなど考えにくいですが
沈下が原因か、沈下していないか調べることも大切です。

地盤沈下の原因は土質や地下水、埋設物などいくつかの原因が考えられます。
沈下は築後5年くらいで気づき10年位で沈下量が減少するのが多いようです。

このような土地は地盤改良が必要になってきます。
地盤改良の種類は大きく分けて
1、改良する深さ(表層2m位まで、中層8m位まで 深層)と
2、何で支持力を上げるか(杭・セメント・石灰・砂)
で工法や呼び名が変わってきます。

そして状況にあわせて沈下した分を修正するのが沈下修正工事です。
これも、工法ごとの呼び名があります。
(ジャッキで上げる、樹脂を注入、モルタルを注入等)

安藤工業では沈下が進行中か否かをまず調査判断し工法選定に入ります。

沈下が修正している場合はジャッキアップが基本です。

樹脂注入は行なっておりません
モルタルなどは補助的に行なっております。

  • 工事と会社について
  • 無料Web見積もり

 まずはお気軽にご相談ください