安藤工業ブログ

メンバー
カテゴリー
アーカイブ
feed

| Atom | RSS 2.0 |

2008年3月の記事

2008年3月 6日沈下修正とは

沈下修正とは地盤沈下により不具合が生じた建物を改修する工事です。
住宅基礎に亀裂が入った
地盤が割れている
建て付けが悪くなった   ときは・・・

沈下が原因だとは言えませんし、直ぐ建物が壊れるなど考えにくいですが
沈下が原因か、沈下していないか調べることも大切です。

地盤沈下の原因は土質や地下水、埋設物などいくつかの原因が考えられます。
沈下は築後5年くらいで気づき10年位で沈下量が減少するのが多いようです。

このような土地は地盤改良が必要になってきます。
地盤改良の種類は大きく分けて
1、改良する深さ(表層2m位まで、中層8m位まで 深層)と
2、何で支持力を上げるか(杭・セメント・石灰・砂)
で工法や呼び名が変わってきます。

そして状況にあわせて沈下した分を修正するのが沈下修正工事です。
これも、工法ごとの呼び名があります。
(ジャッキで上げる、樹脂を注入、モルタルを注入等)

安藤工業では沈下が進行中か否かをまず調査判断し工法選定に入ります。

沈下が修正している場合はジャッキアップが基本です。

樹脂注入は行なっておりません
モルタルなどは補助的に行なっております。




  • 工事と会社について
  • 無料Web見積もり

 まずはお気軽にご相談ください