曳家の安藤工業 HOME  > 安藤工業ブログ  > 補償算定方法は

安藤工業ブログ

メンバー
カテゴリー
アーカイブ
feed

| Atom | RSS 2.0 |

2009年3月 5日補償算定方法は

建物の補償金額の算定では、
①移転工法の選定 
②工法及び該当物の損失補償基準に基づく算定 
が行なわれます。

①の移転工法には
再築工法、改造工法、曳家工法があり、
建物を移動できる敷地があるか合理的であるかを考慮して曳家工法が認定されます。 

②の該当物は
建物のほかに塀や植物、営業補償、仮住まいの補償などがあります。
築年数が古いほど価値も低くなっていきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL

http://www.hikiya-ando.com/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/26

コメント

コメントを投稿

印の項目は必ず入力して下さい。

(公開しません)
  

※ トラックバック、コメントはどなたでも投稿できますが、承認制となっております。いただいたトラックバック、コメントが承認され、ページに表示されるまでに少々お時間をいただく場合がございますのでご了承下さい。

  • 工事と会社について
  • 無料Web見積もり

 まずはお気軽にご相談ください